テレビが故障。家電の寿命は真剣に考えないとヤバい?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日、帰宅して部屋のテレビをつけたら、電源が入りませんでした。
正確にいうと、ついたり消えたりを繰り返して映らない状態。
やがてまったく電源が入らなくなりました。
それまで全く兆候が無かったので、急な故障に困惑しています。

当初は修理を検討しましたが、電源の故障に対する修理代は概ね2万円前後が相場らしいです。
今のテレビは購入してからちょうど丸7年になります。
テレビは最低でも10年は持つと思っていたため、ショックでした。
しかし、液晶テレビの寿命はだいたい7~8年ということなので、すでに買い替え時期に差し掛かっていることになります。
となると、中途半端にカネをかけて修理してダマしダマし使うより、新品を購入した方が合理的といえそうです。

家電製品の寿命

リンク先のサイトによると、主な家電製品の寿命の目安は以下の通りです。

  • 液晶テレビ 8年
  • 冷蔵庫   10~15年
  • 洗濯機   8年
  • エアコン  13年
  • 掃除機   7年
  • 電子レンジ 10年

日本製の家電って長寿命というイメージを持っていましたが、意外とこんなもんなんですね。
もちろん平均より長生きする製品も多々あるわけで、そう考えると今回のテレビは当りが悪かったということか。
ちなみに昨年はPCも故障していますので、ツキがありません。

近い将来一斉買い替えも

今回はテレビの故障でしたが、実は私が保有している家電はどれも7~8年が経過したものばかり。

  • 冷蔵庫
  • 掃除機
  • 電子レンジ
  • 炊飯器

これらの寿命も危ないかも。

とにかく家電製品は意外と短命だということは、頭に入れておかなければなりません。
今回のテレビの急死っぷりを見て、改めてそう思いました。

とりあえずテレビはどうするか?

私はそれほどテレビを見るわけではないですが、PS3ができないのは痛手です。
引きこもりのお供として、やっぱり無きゃ困ります。
なお、今回壊れたテレビは、パ○ソニック製の32型液晶です。

とりあえず今日はヤ○ダ電機に行って物色してきます。
同じスペックの新品をネットで購入すると、だいたい4~5万円になるそうです。
痛い支出です。
一応、ヤマダのポイントが5000円分ぐらい残っているのと、JCBのギフトカードが1万円ほどあるので、これらは最大限活用しようと思います。
あとは、廉価メーカーの製品や液晶サイズを落とすことも検討材料とします。

PS4の購入は遠のいたな(泣)
PS3もいつポックリ逝くかわかりませんが・・・
(ソ○ータイマーってのもあるし)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です