早期リタイアに向けた30代の過ごし方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は現在アラサー。
40歳での早期リタイアを目指していますが、労働が嫌で仕方がないので、条件さえ整えば今すぐにでも引退したいです。
しかし、現実的な資産形成を考えると、やはり40歳ぐらいまでは働かなければなりません。

実際に早期リタイアをした方のブログを拝見すると、40代での引退が多いように思います。
やはりサラリーマンの資産形成と残りの時間のバランスを考えると、40代が早期リタイアにちょうどいいタイミングなのかもしれません。

ここでひとつの疑問(興味)が生じます。

これから私が進む30代という道は、諸先輩方がいつか通った道。
皆様、どういう心持ちで30代を過ごしてきたのだろう?

私の場合、とにかく仕事が嫌なので、これから10年も働かなきゃいけないと思うと憂鬱になります。
昔、ドラえもんの道具で「タイムワープリール」というものがありました。
リールを一つ巻くごとに、1年、2年と一瞬で過ぎていき、過ぎた時間は元には戻らないという恐ろしい道具。
私はすぐに引退できるなら、30代という人生の一時代を捨ててでも、リールを巻いて40歳にワープしたいとさえ思います。
人生80年といえども、10年という時間は一生の8分の1にも当たる貴重な時間です。
それをドブに捨ててもいいと思えるほど仕事が嫌いなので、重症です。

現実はそんなリールは存在しないので、これから10年間も消化試合をこなしていく日々が続きます。

と、そんな気持ちでこの1年を過ごしてしまいました。
確かにあと10年ぐらい働けば自由になれるのだから、黙って働けばいいのですが、それを消化試合としては身も蓋もありません。
引退後の生きる力をつけるという意味でも、30代での経験はきっと活きるはず。
なので、ここは消化試合という考え方はやめて、目標を持って日々大切に過ごしていく必要がありそうです。
※ただし仕事は除く

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です