残業ができなくなってきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日は有休でした。

天気が良ければドライブでも行こうかな~と思いましたが、曇り空だったのでやめました。
その後は何かしようとする自分に、楔を打つように仕事の電話が散発的にかかってきて、終わってみれば何もできず終い。
世間は休みじゃないから仕方ないですね。

さて、本題なんですが。
最近、ますます残業が減ってます。
当然、残業代も減って、収入が伸び悩んでいます。

効率的に仕事をできるようになったと考えると、いいことなんですけどね。
一方、定時上がりに慣れたことによって、残業に対する耐性が落ちてきたのを感じます。
何と言いますか、とにかく事務所にいたくないんです。
もう事務所の空気を吸うのも嫌。
16時を過ぎると早く帰りたくてうずうずします。
そんなわけで、最近の残業に対する線引きは以下の通りです。

残って頑張る

  • 締切が迫り、絶対に仕上げなければならない時
  • 手を動かすだけでいい仕事

どうしてもやらなきゃいけない時は、仕方ないけどやります。
また、単純に量をこなすだけの仕事なら、作業に集中するので残業できます。

家に持ち帰る

  • 手を動かすより頭で考える時間が長い仕事

企画書やプレゼン資料などがこれに当たります。
手が止まった瞬間に、帰りたい病がうずきだして、まったくアイデアが浮かびません。
こうなったら、家に持ち帰りです。
残業代を損しますが、それでも事務所に居たくない。
実際、家で考えた方がアイデアが浮かぶし、仕事も捗ります。

まとめ

できることなら家に仕事を持ち帰るなんてしたくありません。
セキュリティの問題もありますし、タダ働きなんて嫌すぎる。
ただ、どうして事務所ってあんなにインスピレーションが湧かないんだろう?
同じ机、同じ姿勢、人の目・・・。
この特有の閉塞感に生来の仕事嫌いが合わされば、そりゃ帰りたくもなります。

こんなに根性が無くなっちゃって、下半期の繁忙期に耐えられるんだろうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です