社内ニートに憧れる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

社内ニートって窓際族の現代版のようなものらしく、どちらかというとネガティブな印象のようですが、私はかなりポジティブに捉えています。
9時から5時まで大した仕事もせずに座って過ごして、かつ正社員の給料を貰う。
こんなポジション、めちゃ憧れます。

でも実際、そんな人っておるんかい?って思ってました。
私は地方の営業所からのスタートで、窓際部署を設置する余裕などない小さな事務所でした。
ところが、都会の大きな営業所に来てびっくり。
窓際部署と所属する社内ニート達の姿がそこにあったのだ。
うちってそんなにデカい会社じゃないけど、ちゃんとそういう部署が用意されている事実に軽い衝撃を受けたのを覚えてます。

生気の無いオッサン連中が一日座っているだけ。
文書整理するだけのオッサン。
公印を押すだけのオッサン。
一日中喫煙ルームにいるオッサン。
何なんだ、こいつらは!
しかも役職だけは一丁前にあるので、きっと年相応の給料は貰っているはず。

そんなカルチャーショックを受けた翌年、後輩の一人が窓際部署に異動になりました。
どうも仕事がうまくいかず、面談で窮状を訴えたらそこに異動になったようです。
それから数年が経ち、彼は今でも堂々と社内ニートをやってます。

その姿を見て、同僚の多くは彼を脱落者だと冷やかしていますが、それは間違いです。
むしろ、面談で直訴する勇気、そしてプライドを捨てる勇気。
彼にはそれがあったのだ。
彼のその勇気と割り切りに私は敬意を抱いています。
私の場合は、中途半端なプライドが邪魔をして、思い切った行動ができません。

ま、我が社がいつまでも社内ニートを置いておけるとは思えませんが・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. あるみん より:

    あら、若くして社内ニートになった方がいましたか。これはこれは

    • kizakura より:

      あるみん様

      コメントありがとうございます。
      そういえば、そんなのも居ましたね。
      なかなか得難いポジションなので、羨ましいです。

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です