早期リタイアの基本計画

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

早期リタイアには周到な準備が必要です。
無計画にリタイアして、経済的に困窮して、他人様に迷惑をかけることは避けたいものです。
当面の目標は40歳での早期リタイアですが、もちろんそこが人生のゴールではありません。
むしろ、そこから自由を謳歌し、人生を楽しみ、そしてきれいに往生する。
これが私が目指す早期リタイアのあるべき姿です。
そこで持続可能なライフプランを策定したので、ここで公開します。

1.基本方針

① 必要資金はすべて自分で用意する

② 早期リタイアを理由に生活保護は受けない

③ 犯罪行為をしない

2.マネープラン

最低目標:40歳までに4,750万円

① 給与収入を基本に考える

② 資金の上積みを目的にインデックス投信に積立投資する

③ マネープランは状況に応じて見直す

前半(~60歳)

マネープラン(上)

 ステージⅠ(労働期)

まずは40歳まで今の職場で働きます。
退職金と合わせて4,750万円の確保を目指します。

収入は表の内容で仮置きしていますが、基本給の他に残業代などによる変動があるので正直読みにくいです。
もちろん思惑通り収入が増えるかは不明。
いかんせんダメリーマンなので(ry

また、最近になって退職金は530万円も貰えない疑惑が発生!(ぐぬぬ)

支出はまだ頑張れる余地はあると思うので、節約と工夫でさらなるコストダウンに努めようと思います。
それでも年間150万円以下の生活ならば、何とかなりそうな感じか?

それとこの間、並行してインデックスファンドに年間250万円を目安に積立投資を行います。
しかし投資は利益が出ればもうけ、ぐらいにしか考えてません。
あくまで給与収入のみで資金を作ることが基本です。
もちろん利益が出ればうれしいので、投資の勉強は継続します。

ステージⅡ(セミリタイア期)

41歳から引退生活が始まります。
もう二度と働きたくはないですが、小銭稼ぎのアルバイトぐらいは良いかなと思っています。(表にはバイト収入は反映させていませんが)

健保や国民年金の保険料はしっかり納めるつもりです。

住まいは4万円程度のアパートを想定していますが、長期的に不動産価格が下落傾向にある地方なら大丈夫でしょう。

怖いのはインフレです。
計画では年0.3%のインフレを想定してますが、こればかりはわかりません。
一応余裕を持った支出計画を立てたつもりですが、余裕分でインフレ影響を吸収できるかどうか・・・。

投資は50歳でひと区切りつけようと思ってます。
ただし、投資の手仕舞い方については、まだ方針が固まっていません。
そもそもその頃の相場環境などまったく予想できないので、状況に応じてということになると思います。

後半(61~100歳)

マネープラン(下)

  ステージⅢ(リタイア期)

67歳から年金の受給が開始されることを想定しています。(怪しいけど)
受給額はねんきんネットを参考に考えてますが、果たしてどうなるやら。
ただ、表の通り毎年インフレが起きているのなら、67歳時の年金支給額も少しはスライドして上がっているはず。
計画では60歳の時点で貯金は1000万円以上あるし、これで年金生活が送れないとしたら、ほとんどの老人は野垂れ死ぬのでは?(((( ;゚д゚)))

ステージⅣ(終末期)

なんと83歳で資金が尽きてしまいました( ノ∀`)
どうやらこの計画で逃げ切れるのはここまでのようです。
平均寿命よりは長生きしてるし、これはこれでよしとします。
でも最終的には不安のある計画だから、テコ入れの必要はありそうです。

① もう1~2年働く

② セミリタイア期にアルバイトする

③ 投資の運用益を期待する(目論見通りの運用益があれば万事OK!)

何にせよ、40歳までは今の会社にしがみつかなければなりません。
憂鬱ですが、無能なダメリーマンは「急がば回れ」です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です