リタイア年齢引き下げの検討終了

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当ブログでは早期リタイアの基本計画ということで、大まかな計画を公開しています。
それから3年余りが経ち、いろいろと状況が変わり、自分の中ではもっと具体的な計画が出来てきました。
その過程で、リタイア年齢が引き上げられたり引き下げられたり、紆余曲折を経て今に至ります。(もちろん希望としては引き下げ)

4月ごろからリタイア前後の収支、退職金、年金、社会保険、リスク資産の管理など、あれこれ検討した結果、このほどリタイア年齢の下限が定まりました。
そして、目標年齢の引き下げの検討はこれにて終了したいと思います。
今後も収入や投資の状況次第で再検討する余地が出てくることもあるでしょう。
幸いにもそこで資金的に余裕ができた時は、リタイアを早めるためではなく、リタイア後に働かないための原資にします

今の仕事が嫌なのはもちろんですが、私はそもそも働くことが嫌いなんです。
たとえそれが責任の伴わないアルバイトや派遣でも。
そうは言っても、完全リタイアにこだわると今の職場での苦痛の時間が長引くだけです。

ちなみに現在の想定では、リタイア後60歳ぐらいまでは年間36万円(月3万円)の収入を得ることで、セミリタイア可能と試算しています。
残された現役期間中の頑張りで、何とかこの必要収入額を圧縮したい。

とにかくやるべきことが見えてきました。
淡々とプランを消化して、その時を待つ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください