「石の上にも三年」も見てくれるなんて、いい会社じゃないか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新年度になりました。
どっかの記事で読みましたが、最近の若者は3年どころか1年で一定数の人が辞めていくのだとか。
いろいろな理由があるんでしょうが、気になったのは入社してから下積みばかりでやりたいことができないから辞めるというもの。

おいおい、下積みの雑用で給料がもらえるなんて最高かよ。
「石の上にも三年」という言葉がありますが、今どき3年も修行させてくれるなんて、超優良企業ですよ。

私なんかはロクに教育も受けないまま営業の現場にぶち込まれました。
右も左もわからず悪戦苦闘の日々。
質問しようにも、何がわからないのかわからない。
不器用な私はうまく立ち回ることができず、失敗して痛い目にあって仕事を覚えるしかありませんでした。
「若いうちの失敗なんて大したことねえ」
「新人のうちに苦労しとけ」
と当時の上司や先輩は言っていましたが、取引先にとってはたまったもんじゃないでしょう。
私が精神的に負ったダメージも大きく、会社との間に生じた亀裂は埋まらないまま今に至ります。

今の若者がいわゆる「意識高い系」なのか「意識高すぎ」なのかはわかりませんが、みんな仕事に期待しすぎです。
どんな会社であれ、サラリーマンの仕事なんてクソです。
会社は自己実現の場所ではなく、給料をもらいに行く場所です。
そう割り切って、あまり気張らずに行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.