苦しかったあの時の自分のためにも、いま折れるわけにはいかない

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

実は先週、仕事で嫌なことがありました。
この1年間、仕事は割と順調にこなしていたんですが、ついに逆風が吹きました。
自分のミスだったり、相手の理不尽な要求だったり、いろいろなことが重なって、久しぶりにメンタルがやられました。
今週もまだ引きずっています。

会社に行きたくない。
もう辞めてしまいたい。
衝動的な思いにも駆られました。

でも踏みとどまっています。

もう嫌だと思った時に頭の中をよぎったのは過去の自分。

私は入社した時から、いや入社する前から働くことが大っ嫌いでした。
仕事に対してモチベーションを感じたことは一度もありません。
来る日も来る日も「会社に行きたくない」「仕事したくない」と思って嫌々働いてきました。
本当に苦しかったです。
でも苦しみながらもここまで続けてきました。

いま自棄になって辞めてしまったら、あの苦しい時を過ごしてきた過去の自分になんと顔向けできようか?
ここで投げてしまってはあの時の自分に申し訳ありません。
今の自分は過去の自分が苦しみぬいて積み重ねてきた歴史の上に存在していることを忘れてはなりません。

屈辱にまみれ、泥水をすすり続けてきた若き日の自分に報いるためにも、決して不細工なリタイア生活にするわけにはいきません。

ここは何とか踏ん張って来月から始まる新年度の自分にバトンをつなごう。
また仕事で苦しい日が訪れた時、きっと今日の気持ちを受け取ってくれる未来の自分がそこにいるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. リェータ より:

    仕事に行きたくない気持ちは非常にわかります。

    それでも仕事を続けているkizakuraさんは尊敬しますよ。私なんてkizakuraさんくらいの資産があったら、とっくに現代の奴隷であるサラリーマンなんて辞めて、アルバイトやって適当に暮らしてますよ。私と年齢がそんなに変わらないのに、それだけの資産を築くのは良い意味で普通ではないと思います。

    意図的に体調不良であるように装って、ズル休みをすると気持ちに踏ん切りがつくかもしれません。本当、労働って体に悪いですよね。

    kizakuraさん、応援してます!!!

    • kizakura より:

      リェータ様

      コメントありがとうございます。
      労働はきついですね。
      労働嫌いならなおさら。
      正直、そんな状態でよくここまで続けてこられたと思います。
      だからこそ、これまでの辛い時間を無駄にしたくないと思います。

  2. 無能のkkkksgt より:

    実際に歩んでみると痛感しますが、セミリタイアへの道はあまりにも遠く険しいですよね……。
    いくら貯金しても資産の増加速度は緩やかなもので、その間にも労働の中では不愉快な出来事が容赦なく起こる。絶望してしまうこともしばしばあります。
    私自身、まさにここ最近は絶望していたので、胸に染みました。

    「一緒に頑張りましょう」という言葉と、「どうしようもなくなったら途中で辞めても、多分、ここまで積み重ねた資産と過去がkizakuraさんを支えてくれると思いますよ」という言葉と、どちらを送ろうか迷いましたが、両方送っておきます。
    どちらもありだと私自身は思っています。応援しています。

    • kizakura より:

      無能のkkkksgt様

      コメントありがとうございます。
      セミリタイアは時間のかかる事業ですからね。
      労働は辛いことしかありませんが、何とか頑張っていきたいです。

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.