仕事の心配事の大半は杞憂に終わるけど・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事をしていると心配事が絶えません。
進めているタスクの一つ一つが上手くいくかどうか、常に不安に駆られます。
今週もちょっと面倒臭い案件が発生してしまい、ストレスの元となっています。

しかしこれまでの経験上、こういう仕事の心配事ってほとんどが杞憂に終わります。
たぶん今悩んでいることも、最終的にはほぼ問題なく片付くと思います。

これまで私が取り組んだ仕事の結果を勝ち負けで評価するとします。
玉虫色で決着した引き分けも勝利と見做すと、勝率は7割から8割といったところでしょうか。
意外と優秀でしょ?(実態はほとんど引き分けだけど・・・)

じゃあ何でこんなにストレスがたまるのか?
それは残り2割の負けが大敗だからです。
私の特徴は小さく勝って大きく負ける。
今まで味わった大敗は、私の心に大きな爪痕を残しました。
それがトラウマになって、日々のイライラの種になっています。

そんなんで、今日も休日ながら「アレどうしよう、コレどうしよう?」ということが頭をよぎり、イライラ。
いくら勝率8割といえど、そのタスクのゴールがある程度見えないことには安心できません。

枕を高くして眠るためにも、早くニートにならなければなりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください