脱社畜に向けて、これからの5年間が勝負

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年が始まりました。
この正月休み中も、何かにつけてリタイアについて考えを巡らせていました。
現状の資産と今後の積み上げ。
さすがに相場環境までは読めませんが、自分の置かれた状況を分析しつつ、作戦を練っていました。

腹を括るしかない

今まで通り、ダラダラ働いていてもゴールを引き寄せることはできない。
かと言ってリスク資産に頼るのはリスキーです。
じゃあ節約を強化するかといっても、すでに年間120万円レベルの生活をしています。
すなわちこれ以上の節約は効果が薄い。

となると、やはり収入を増やすしかありません。
それも労働収入を。

これから5年間、リタイア実現に向けて腹を括ります。
あまりハードワークをするつもりはないので、今までの社畜経験を総動員し、効率よく働いているふりをして昇格を目指します。

5年間でガッチリ資産を増やし、そのまま勢いでセミリタイアをしてもよし。
居座って舐めプの果てに完全リタイアを目指すのもよし。

期間を区切ることでモチベーションにする

今回、敢えて5年間という具体的な期間を設けました。
こうすることで、少しはモチベーションアップにつながることを期待しています。

とにかくこれからの5年間が勝負だと思っています。
必死についてこい自分!
社畜から抜け出したければな。

え、ついていけなくなったら?

逃げる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です