酒浸りだった一週間が終了

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先週は月曜日から金曜日まで忘年会5連戦でした。
中には私が幹事を務めた支店の忘年会も含まれています。

忘年会の幹事になる
会社の支店の忘年会の幹事を任命されました。 私のような中堅社畜は持ち回りで回ってくるようになっているので、断ることもできず。 すでに...

今思い出すだけでも忌々しい記憶。
当日は始まる前から周囲でこんな会話が。

  • 今日ってお店どこだっけ~?
  • え~またあの店~?
  • ゲームの景品って何が当たるか聞いてる~?
  • ワタシ出席者に含まれてないんだけど~(オコ)

聞こえてる。
聞こえてるぞー。
せめて私に聞こえないところで話せ。
実際に忘年会が始まってしまえば、勢いで乗り切ってしまえたものの、翌日もネチネチと会話が展開されていました。

  • 昨日の料理ショボかったよね~
  • 去年はこうだったのにね~

だから聞こえてるっつーの!
こいつらには最低限の大人のエチケットってもんは無いのか。

その他は取引先との忘年会でした。
これは顔を出すことが踏み絵のようなもの。
最近、リニア中央新幹線の談合が話題になっていますが、あれって必要悪な一面もあると思っています。
建設業界だけではなく、うちのようなコモディティ化した商品やサービスを提供しているところも、自由競争なんて言えば格好いいですが、サービス内容に差がない中での競争が生み出すのは「社畜飲み」という茶番です。

それはそれとして、先週をもって大きな仕事はほぼ片付いたので、今週は簡単な挨拶回りと所属部署の忘年会があるだけ。
変な案件が発生しないよう願いつつ、自分としても無駄な仕事を発生させないように大人しくしてやり過ごそう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. white collar より:

    幹事お疲れ様でした

    • kizakura より:

      white collar様

      コメントありがとうございます。
      気疲れするだけのボランティアでした。

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です