有給休暇程度では、自由にはなれない

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今朝の投稿にあるように、今日は有休でした。
天気がイマイチだったこともあり、ずっと家にいました。
晴れてても引きこもっていたとは思いますが・・・。

しかし、たとえ私は有休でも、担当先は通常営業。
携帯にはいつも通り、電話がかかってきます。

せっかくの休日に、携帯の着信を聞くのは精神的によろしくないので、携帯を目につかない所に隠して、一時間ごとに着信があったか確認して、あれば折り返し発信ということをやってました。
本当は電源を切って完全シャットアウトと行きたいんですけどね。
ライバル社との競争もあるので、顧客に対する切れ目のない対応は欠かせません。

サラッと書きましたが、このライバル社との競争というのが、実は私に有休取得をためらわせていた一番の理由かもしれません。
どこの業界もそうですが、みんながみんな労基法だの何だのを遵守する優良企業ばかりではありません。
どっかの美容関連企業の社長が、「労働基準法なんて守ってたらウチは潰れるよ」的なことを言ってましたが、それを地で行く会社は数多存在します。
私の勤務先も大概なもんですが、熾烈なシェア争いの中、ひとり優等生を演じていては寝首をかかれてしまいます。

そのような環境下で有休に踏み切れたのは、築いてきた担当先との信頼関係があるからだと思っています。
関係が浅いと、私が休んでいる間に発注はよそに行ってしまう恐れがあります。
私が今の職場に異動してきて数年が経ちますが、ようやく対外的に堂々と休める環境を構築できたということです。
徳と引き換えに有休を得る。
こんな感覚でしょうか。

こんなことを書くと、さも私が仕事を頑張っているような印象を与えてしまうかもしれませんが、それは誤解です。
ヤル気の無い私は、この仕事環境には息苦しさを感じています。
そもそも休日まで仕事をしなければならないなんて、あり得ません。
今回、初めて有休を取りましたが、このようにダマしダマし休む程度では、全く自由を感じることはできませんでした。

私は自由を渇望しています。
やはり私の望む人生に仕事という存在は馴染まないようです。
目指すところはもっともっと高い。

そうは言っても、今日は脱社畜に向けてまた一つ階段を上がったのです。
これを機に今後もどんどん有休を取得していきます。

明日は金曜日。
がんばろう!社畜。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です