面談をしてきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎年恒例の、上司との評価面談がありました。
今のところ、従順な社畜を演じているから、ありきたりのことを話してシャンシャンと終了しました。
上司からの指摘事項は以下のような感じ。

○(まあ評価できる)
  • とりあえず大きなトラブルなく仕事をしている
  • 提出書類の期限を守っている
  • 取引先とはそこそこうまくやっている
△(ふつう)
  • 目標の営業数字に達していない(前年並みではある)
×(がんばりましょう)
  • もっと新しい提案をしてほしい
  • 部下・後輩への指導(リーダーシップの発揮)

むむ、何だかんだ言って、上司はよく見ているな・・・。
現状維持がモットーでコミュ障である私の姿が見事に投影されているではないか。
ちなみに面談シートの自己評価欄は、すべて100点満点で提出しました。
目標未達の項目も、あーだこーだ理由をつけて強弁しました。
今ごろシートを見た上司は呆れているかもしれません。
が、どうせ同じ仕事をするなら少しでも上級者になって給料を増やした方が得策だと判断した私の作戦行動です。

仕事は頑張らない。
でも自分の正当性だけは主張する。
当面はこれがリタイアに向けた戦略です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください