最近、会社に余裕が感じられないのだが・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は衆院選の投票に行ってきました。
転勤で縁もゆかりもない地域に住んでいるため、候補者の顔と名前はうろ覚え、当人の実績や政策など知る由もないので、所属する政党を基に投票してきました。
何百人もいる国会議員なんて、よほどの大物か著名人でもなければモブキャラにすぎません。
それに結局政治は個人じゃなく政党だしね。
学校教育では候補者の政策を見極めるような細かいことをやってるけど、もっと大まかに各党の政策やスタンスの違いをシンプルに教えた方が、かえって迷わずに投票意欲の向上につながると思うの。
そもそも私としては、転勤か退職(!?)であと数年で離れる土地なので、地域のことなんてどうでもいいんですが。

話はそれましたが、最近本当に会社がバタバタしているように感じます。
具体的な話は避けますが、結構上のレベルからアレをやれだのコレをやれだの指示が飛んできます。
それだけではなく、あれはダメ、これはダメと禁止事項や自粛事項も盛んに下りてきます。
私のような末端の現場レベルにもそういう話がきています。
今までは「うるせー」で片付けられていたことも順守徹底という雰囲気です。

もちろん企業のガバナンスという意味では当然のことなんですが、神戸製鋼でああいうことがあった後なので、うちでも何かあったのかと勘ぐってしまいます。
神鋼と違って体力の無いうちがあんな不祥事を起こしたら一発退場、退職金代わりにタオル一本程度の餞別しか出ないかもしれません(´;ω;`)

神戸製鋼や東芝などの件を見てもそうですが、こういうことを見ていると、今の会社にあと30年も人生を預けるという覚悟は到底できません。
周りの皆は疑うこともなく定年までのプランを描いていますけどね。
5年後、10年後、うちの会社がどうなるかは全くわかりません。
私は変わらず蓄財に励み、機が熟せばリタイア、その前に会社が傾いたらトンズラ、ただこれだけです。

しかし会社よ、バタつくのは勝手だが、末端の仕事を増やすなよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です