30代の今より20代の頃の方が大変だった

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大卒と同時に就職し、いやいや仕事をしながら月日は経ち、気づけば三十路のオッサンです。
もし20代の読者の方がいて、30代社畜の先輩の仕事ぶりを見てどう思うだろうか?
あるいは自分が20代の頃、30代の社畜先輩の仕事ぶりはどう映っていただろうか?

私が20代の頃は、先輩社畜は何でもできる魔法使いのように見えたものです。
一方で、責任が重く大変な仕事をしているのだろうと。

ところが、今その立場になってみて思うことは、意外とそうでもないということ。
私にとっては、むしろ20代の頃の方が大変でした。
あの頃の自分といったら、カネ無し役無し経験無し
サラリーマンの世界では、これって結構大きいんですよ。

最初のカネが無いってのは、サラリーマンの能力とは直接的に関係ありませんが、仕事が大嫌いな社畜にとって、お金は心の拠り所です。
お金があれば、早期リタイアができるだけではなく、退職をチラつかせて会社との関係を優位に持っていくことができます。
悪く言うならば、ナメた態度で働くことができるわけです。
ところが20代の頃は、資産形成が不十分なので、カネの威を借りることができません。
辞めたくてもお金が無い、セミリタイアを目指そうにも目標が遠い。
精神的にこれは辛かったです。

役無し、経験無しというのはサラリーマン特有のものです。
社畜の世界って「信用」が大きくものを言うんです。
相手に同じことを言っても、こちらの立場が平社員と課長では受け取られ方が全然違います。
私も30歳を過ぎて、(社内での実態は平社員と同待遇であっても)名刺に役職名がちょこっと入るだけで、相手の反応は変わり、話が進めやすくなりました。
経験も似たようなもので、無意識のうちに地雷を回避できるようになってきました。
それでも未だにたびたび炎上するのはダメリーマンゆえ。

あともうひとつ。
この歳になると、部下や後輩ができるので、面倒臭い仕事はどんどん下に振ります。
単純に自分が負うタスクの数が減るだけで、ミスの原因が減ります。

と、このように先輩社畜の方って実は大したことはやってないんです。
やっていることは20代の若手とさして変わらない。
ドラクエに例えるならば、ステータスは変わらないけど装備が違うようなもの。
そりゃあ「”ひのきのぼう”と”ぬののふく”」より「”はがねのつるぎ”と”くさりかたびら”」で戦った方がラクでしょ。

そういう意味で、みすぼらしい装備で戦わされている20代の若手は本当に大変だと思います。
もし早期リタイアを目指しているのであれば、まさに最初の踏ん張りどころです。
私は今でも20代の頃だけには戻りたくありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です