私は嫌というほど自己投資をしている

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は怠惰なサラリーマンで、仕事に関して自分を高めていこうという努力をほとんどしていません。
会社の評価基準に自己啓発があって、何かしらのチャレンジが求められています。
私は毎年「正しい筆順(笑)」的なテキストをやって、自己啓発として申告しています。

会社が求めるのはそんなんじゃなくて、高度なビジネススキルとか、語学とか、資格とかにチャレンジしてほしいみたいです。
もちろん全くチャレンジしたことが無いわけではなく、以前とある資格試験の受験をすすめられたものの、2年連続で落ちて上司を唖然とさせたことがあります。(この時試験勉強は1分もしていない)
あまりにやる気のない私を見かねた部長からは、「自己啓発とは自己投資なんだ。必ず自分に返ってくるから頑張れ!」と謎の激励を受けたこともあります。

ん、自己投資!?

自分の将来のためにカネと時間をかけていこうってアレかい?
だとしたら私はめちゃくちゃ自己投資しているぞ。
早期リタイアを実現するために、ほぼすべての稼ぎと時間をリタイアの準備につぎ込んでいる。
これほど明確に無駄なく自分に投資している人間が我が社にいるだろうか?
少なくともそんな人間に会ったことは無い。

だから部長よ、心配ご無用。
私は嫌というほど自己投資をしているし、(リタイアのために)研鑽を積んでいる。
惜しむらくは、それを会社に申告できないことかな。
する気はないけど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. リェータ より:

    こんばんは。

    会社の上司が言う自己啓発やら自己投資をして、
    自分が成長していると実感できるかもしれませんが

    その成長やら目標を達成したところで
    「受益者は誰?」という疑問にぶち当たります。

    自分を儲けさせる自己投資は惜しむべきではありませんが、
    他人を儲けさせるための自己投資はダメだと思っています。

    私も会社なんか早く辞めたいと思ってますので、
    会社での面談での目標は低くしてます。

    そんなことより
    投資先を探したりして、不労所得を得るための
    自己投資なら頑張ります。

    • kizakura より:

      リェータ様

      コメントありがとうございます。
      自分の努力が会社に吸い取られることは避けたいですね。
      あくまで自分のために頑張って、さっさと仕事を辞めたいです。

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です