医療保険を解約

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

それなりに金融リテラシーがある人たちの間では、いらない子扱いだった医療保険に長いこと加入していました。
悲しいことに仕事上の付き合いです。
それも、そこら辺の安い商品ではなく、年間7万円以上もする高額商品です。
右も左もわからないイタイケな若者に、取引の継続をエサにそんなワケわからん商品を買わせるなんて、もはやボッタクリというより、恐喝に近い。
確かに営業成績の安定には寄与しましたが、個人的には何の利益もありません。
(強いて言えば生命保険料の所得控除ぐらいでしょうか?)

で、転勤してしがらみが無くなったのを機に解約しました。
電話した時、当時仲良くしていた担当者が出たらどうしようとビクビクしましたが、幸い全然知らない人が出てくれて、すんなり解約手続きが終わりました。

ここまで来て医療保険の必要性を論じるのは気が引けますが一応ひとことだけ。
現時点でまとまった貯金のある私には医療保険は全く必要ないと考えます。
医療保険は貯金が無くて、かつ病気になった時に収入が途絶える環境にある人ぐらいしか加入するメリットが無いように思います。

ホントに仕事のせいでこんな無駄な支出をしていたことが悔しいですが、しがらみってあるんですよ。
実際、怪しい壺を買わされた同僚もいるし。
今の土地でも踏絵を踏ますかのごとく、いろんな商材の申込書や契約書が回ってきますが、全て無視しています。

とにかくこれで年間支出が7万円減りました。
当然、浮いた分で贅沢をするつもりは毛頭ありません。
私としては年間支出をもっと減らしたいので、贅沢どころか更なる引き締めに向けて弾みをつけていく所存です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です