転職する気を阻むもの

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

7月に入り、2017年は早くも後半戦へ。
でも私の家計年度は4月スタートだから、今年度は第一四半期が終わったに過ぎません。
今はさっさと時が過ぎ去ってほしいだけに、なんだか変な感じ。

仕事の方は、浮き沈みを繰り返しながらも何とか凌いでいます。
もちろん何か問題が起きれば、私のメンタルなど一瞬でぶっ壊されるので、油断はなりません。
ダメリーマンの一寸先は暗黒なのです。

これまでも仕事でやられるたびに、退職や転職を考えてきました。
退職はともかく、転職については自分なりに検討したことはあります。
結論から言うと、都度思い止まり、私は現在も新卒で入社した会社で働いています。

実際、待遇は悪くないと思っています。(良くも無いけど)
労働環境だって、名だたるブラック企業の酷さには及びません。
これだけ見れば、そもそも転職する理由が弱いということになりますが、「ちくしょう、転職だ!」と衝動的になることはあるのです。

会社辞めたい、リクナビネクストを見る、思い止まる
最近、仕事で追い込まれ気味です。 ノルマ未達に加え、面倒臭いことが立て続けに起きていて、モチベーションは絶賛低下中。 このクソすぎる状況...

かつてこんな記事も書きましたね。

以前は転職サイトを見て、今と比べて冷静になり・・・の繰り返しでした。
でも最近、何で自分はもっと転職に深入りできないのだろうという疑問に対する明快な答えが見えてきました。

それは、
やりたい仕事(業種・職種)が一つも無い!
ということです。

そもそも働きたくないんだから、新たに働く先を探そうなんて気は起きんわな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です