ダメリーマンがデキリーマンの真似をすると

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近は仕事で疲れ気味です。
いつも疲れていますが、新天地での慣れない業務のせいで、余計に疲労がたまっています。

先日、客先に持っていく営業資料の内容やレイアウトを、これまでと大きく変えて作成しました。
我ながら何を血迷ったのか、仕事で意識の高いところを見せてしまいました。
手前味噌ではありますが、それなりに良い資料を作っちゃった気がしました。
実際、当初上司からは「斬新でいいじゃないか」と評価されました。

これまでずっとダメリ街道を歩んできた私。
自分はダメリから脱却するのだ。
これからは心を入れ替えてバンバン提案するぞ。
そんな気持ちになって、客先に行ったわけですね。

ところが、いざ客先に行くと、資料に欠陥が次々と発覚。
先方からは有難迷惑だと怒られる始末。

私自身、新たな職場で心機一転頑張ろうという気が僅かにありました。
前任者がやってないことにチャレンジしようしていました。
それが全部空回り。

ダメリーマンがデキリーマンの真似事をした結果がこれです。
プラスになるどころかマイナスになってしまいました。
逆効果ってやつですね。
ここは今一度原点に返り、余計なことはやらず、消極的な姿勢に徹していこうと改めて決意しました。
サラリーマンとしての私に必要な技術は、野球に例えればバットにボールに当てること。
下手に強い打球でも飛ばそうものなら、正面を突いてトリプルプレーです。
まぁ実際は当てることも難しいんですけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 籠球靴 より:

    はじめまして、籠球靴と申します。
    私は昨年それまで勤めていた会社を訳あって退職し、
    約3ヶ月間の無職を経て再就職をしたのですが、
    無職生活の快適さと反動からか元々嫌いだった労働にさらに息苦しさを感じるようになり、
    それ以来早期リタイアという言葉を強く意識するようになりました。
    そんな中kizakura様のブログを拝見し、年頃は私と同年代か若干若いようにお見受けするにも
    関わらず、具体的な計画と資産額に感銘を受け、自分も早期リタイアに向けてより具体的に
    計画・行動していこうと決意いたしました。
    今後もkizakura様のブログを励みに早期リタイアに向けて邁進していきたいと思います。

    • kizakura より:

      籠球靴様

      初めまして。
      いろいろとお褒めの言葉ありがとうございます。
      私もリタイアを具体的にシミュレーションしたのがスタートでした。
      頑張っていきましょう。

  2. ボンズ より:

    私にとってはkizakuraさんはダメリとは思えません。
    フツリーマンのレベルはあると思ってます。

    • kizakura より:

      ボンズ様

      コメントありがとうございます。

      >フツリーマンのレベルはあると思ってます。

      いやいや、そこは「デキリーマン」でしょ(笑)

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です