仕事はヤル気を奪う天才

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日、仕事で行ったプレゼンが不調に終わりました。
資料の不備をネチネチと指摘され、場の空気が悪くなりました。
全体を通して大勢には影響はありませんでしたが、資料の作りこみが甘かったのは自分に責任があるし、消化不良というか、後味の悪い仕事になってしまいました。
帰りの車の中では、ため息をつき、憂鬱な気持ちになりながら、ひとり運転して帰ってきました。

最近、仕事でトラブることが無かったんですが、そういう平穏な状況は長くは続きません。
今回の件で、心が折れ、モチベーションはガタ落ちです。
学生時代はテストの点が悪かったら、逆に奮起してさらに勉強に励んだし、今でも節約に失敗してしまったら、次こそはと改善に燃えます。
でも仕事は少し嫌なことがあるだけで、すぐに心がポッキリ折れてしまいますし、失敗を取り返そうと頑張る気力も起きません。
本当に仕事はヤル気を奪う天才です。
どうすればここまで人のモチベーションを下げることができるのか?
仕事嫌いの私でも理解できない負の力が、仕事という魔物にはあるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. こんふぉたぶるぱんだ より:

    相手のことを考えなければいけないことが原因の様な気がします。

    • kizakura より:

      こんふぉたぶるぱんだ様

      コメントありがとうございます。
      仕事は常に人と人ですからね。
      消耗しっぱなしです。

  2. あるみん より:

    私は日本語下手すぎて、そもそも人前でプレゼンさせてもらえない

    • kizakura より:

      あるみん様

      コメントありがとうございます。
      私も最初は話せませんでした。
      今もちょいちょい失敗してます。

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です