仕事でのバランスの取り方を考える

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事が嫌いで、
ヤル気が無くて、
そもそも仕事のデキも悪い。

仕事で楽しいことなんて一つもなく、
ただただ苦痛しかない。

そんな状態から脱するべく、早期リタイアを目指して活動しているわけですが、あと10年ほどは今の会社を続ける方針である以上、会社や仕事とどう付き合っていくかが目下の課題となっています。

「どうせやめる会社だから・・・」はまだ早い

私もつい口癖のように言ってしまうんですが、これを言って慰められるのは、もっと退職に近づいてからです。
例えば、引退まであと2~3年であれば、言葉に説得力があります。
しかし、今の状況で口走ってしまうと、「どうせやめる会社だけど・・・、まだ辞められない(´;ω;`)」と何だか虚しくなってしまいます。

仕事なんてやりたくないけど・・・

仕事なんて頑張りたくないんです。
大っ嫌いな仕事に入れ込むなんて、気持ちは入らないし、やりたくもないし、そもそもダサいしカッコ悪い。
仕事をしている自分に嫌悪感すらあります。

じゃあ、まったく不真面目に取り組んだらどうなるかというと、確実に仕事で嫌な思いをします
ノルマ未達が続くと上司から怒られます。
客先の巡回訪問を怠ると、何かトラブった時に「信頼」というツールが使えなくなり、傷口を広げます。
また、出世意欲は低いとはいえ、給与水準を上げるためにはずっと低評価でいるわけにもいきません。

自分の居場所を作るために

仕事は頑張りたくないけど、そのことによって嫌な思いもしたくない。
そのためには、頑張らなければなりません。
矛盾しています。
しかし、だからと言って、シャカリキに頑張る必要はありません。
とにかく自分の居場所さえ作ってしまえばいいんです。

入れ込みすぎるのはダメ。
さりとて出来なさすぎるのもダメ。
これからの10年、このバランスの取り方が大事だと考えます。

そのためには、まずチャレンジをしないこと。
ダメリーマンが一番やっちゃいけないのはチャレンジです。
どうせ失敗するし、失敗したときの代償も大きいですから。
一方、やらなければならないのは、言われた仕事やルーチンワークは確実にこなすことです。
難しい仕事は捨て、定型業務でコツコツポイントを稼ぐ。
つまり、数少ない仕事への投資は定型業務の処理力に一点集中。
これで職場に強固な自分の居場所を作っていこうと思います。

本音を言うと

社内ニートになれれば万事OKなんですけどね。
しかし、今のご時世、我が社も社内ニートを養う余力は無くなりつつあります。
ダメリーマンには辛い時代ですが、できる限りラクをしながら生き残る術を考えていかなければなりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. あるみん より:

    私の現状
    ・言われたことすら確実にできない
    ・ほぼ社内ニート
    ・居場所もない
    うーん、これで後15年
    こうなったら図太く居座るしかないですね(´Д` )
    まぁ解雇規制緩和なんかされたら終わりですが

    • kizakura より:

      あるみん様

      コメントありがとうございます。
      気持ちよく居座れるのなら、それでいいと思います。
      そうでないなら改善の余地があると思います。
      仕事に対して1ミリでも力を注ぐのは屈辱ですが。

  2. あるみん より:

    ある意味、こないだkizakuraさんが紹介された50代のダメサラリーマンみたいにのほほんとできたら最強ですね。

    • kizakura より:

      あるみん様

      そのオッサンまでいかずとも、できる限りのほほんと過ごすための居場所作りがカギですね。
      たしかにあのオッサンは最強ですがw

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です