お歳暮ってまだやってんの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今週、帰り際にこんな記事を読みました。

「お歳暮」贈ってますか? 恒例行事はなぜ消えていくのか

昔、年末になると、親に連れられてデパートに行き、混みあった贈答品コーナーで延々と付き合わされていた記憶があります。
バブルが崩壊したとはいえ、まだまだお歳暮を贈り合う風習があったのでしょう。
お歳暮云々よりも、あの人混みで貴重な休日(笑)を潰されたことがトラウマですけどね。
ってか、買いたいものなんて事前にメモして、サッと買えよ!なんて思ってるせっかちな小学生でした。

最近では、個人情報の保護や、変なしがらみを生まない観点から、お歳暮市場はかなり縮小したと思います。
私はお中元もお歳暮も一度として贈ったことはありません。
幸いなことに、社内で贈答品をやり取りするような空気は無いので、その点は助かってます。
別にやりたくてやってるわけではない仕事で、贈りたくもない相手にン万円も使いたくないですから。
お金だけじゃなくて、選ぶ時間も勿体ない。
私にはまったく合わない風習です。

しかし、そんな私でもお歳暮をいただいたことがあります。
新人の頃、ある取引先から贈答用のハムが届きました。
会ったこともないその会社の社長名で届くもんだから、小便ちびりました。

受け取っていいのか?
孔明の罠か?
返礼は?
てゆーかどこの会社?(←新人だからわかんね)

誰にも相談できず、思い悩んだ末・・・。

%e3%83%a1%e3%82%b7%e3%82%a6%e3%83%9e

タダで食う高級ハムうめぇwwwwwww

今ではどこからもお歳暮は来ません。
冒頭のネット記事を読むまで、その存在すら忘れていました。
でもそれでいい。
今はもっとユルくつながる時代です。
余計なことに神経使っちゃいかん。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. あるみん より:

    アスキーアートはkizakuraさんの手作りですか?

  2. フォルキンソン より:

    kizakuraさんのブログどの記事も面白いです。
    今回も面白かったです。
    孔明の罠ってところで吹きましたw

    • kizakura より:

      フォルキンソン様

      コメントありがとうございます。
      今回の記事は、勢いで書いていくうちに、なんだかわからなくなっちゃいましたw
      贈り物の是非は別にして、いきなりあんなもの送られてきたら、純粋な新米社畜はビビっちゃいますね。

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です