逃げる準備は着々と

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

10月は間もなく終わり、今週からは11月に突入。
2016年も残すところあと2ヶ月です。

私は年末の繁忙期を前に、束の間の休息を過ごしています。
こうやって私がアホ面こいてダラダラしている間にも、意識の高い人はしっかり仕込んで準備をしているんでしょうね。
〆切から逆算して各タスクの時間配分や、人員配置、関係先への根回し、基礎資料の作成・・・etc
こんなことを先回りして組み立てて、スマートに仕事を進めていくのだろう。
もっとも、私のような何も準備していないカス社員が足を引っ張って、想定通りに事が進まず、結局意識高い系の人が最後まで残業するというのが悲しき社畜界のお約束。
まぁせいぜい頑張って!(他人事)

「仕事は段取り八分」なんて格言があるように、準備が本当に大事です。
この点は激しく同意します。
私が見てきた「戦上手」ならぬ「仕事上手」は、この点が違うと思っています。
感銘を受けるだけで実践に乏しいのは、私が仕事に興味がないから。

一方、早期リタイアに関する段取りは、20代の頃から取り組んでいます。
リタイア戦略の肝となる資産形成については、「節約と投資」という戦略に沿って、淡々と推進しています。
これから40代が近づくにつれて、投資の出口戦略や、住まいの検討、社会保険のあり方など、より具体的な部分を詰めていくことになると思います。
リタイアも段取り八分。
仕事はサッパリだけど、会社から逃げる準備だけは着々と進めています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. あるみん より:

    リタイア後の住まい
    投資の出口戦略
    ぜひ具体的に聞いてみたいです。

    • kizakura より:

      あるみん様

      コメントありがとうございます。
      それらはまだ全然決まってないので、これからじっくり検討していきます。

  2. 無能のkkkksgt より:

    資産形成の話ですけど、2017年1月から企業年金有りの人でも使えるようになる
    「個人型確定拠出年金」
    ってどう思われます? 個人的に、ちょっと気になっているんですよね。
    現在の貨幣価値だけで考えれば、まあ、節税分、得をするのは間違いないと思うんですけど。
    運用以外で使えるようになるのは60歳になってから、という最大のネックが……。

    • kizakura より:

      無能のkkkksgt様

      コメントありがとうございます。
      確定拠出年金は長期的に資産形成するうえでは大変有効な手段だと思っています。
      60歳からの条件も、私の場合はそんなにネックになるとは考えてません。
      最近は思考停止状態ですが、真剣に検討する余地があると思います。

  3. 会社の給料に縛られていては本当に自由な楽しい生活は程遠いと思います。
    20代から準備されていて、すごいなあと感じました。
    私もその頃からやってればなあ><

    • kizakura より:

      クロスパール様

      コメントありがとうございます。
      20代の頃からこんな意識で仕事をしていて良いのかは別にして、何とか自由になりたいという気持ちはありました。
      また、早いうちにセミリタイアを目指す方々の姿に、ネットを通して触れることができたのは大きいですね。

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です