脂っこいものが食べられなくなってきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事(懇親会)で焼肉を食べてきました。
最近はこの手のガッツリ系を受け付けなくなってきています。
なんか焼肉屋の空気を吸うだけでごちそうさまと言うと大げさですが、少なくとも脂の乗った肉はすぐに飽きちゃいます。

こう見えて、昔は焼肉大好き人間でした。
もしも地球最後の日が来たら、最後に和牛カルビを腹いっぱい食べたいと思ってました。
それが今やどうだろう?
脂が多い肉はそこそこに、薄切りの赤身を中心に食し、副菜を摂りつつ腹八分目で撤退という感じです。

寿司ネタについても、中トロなんかはもう高いカネを払って食べようと思いません。
とんかつはまだ大丈夫ですが、天ぷらは胸やけがします。
しゃぶしゃぶはかなり食べられますが、すきやきは重たいです。
なお、しゃぶしゃぶは牛より豚が軽くて好きです。

30歳を過ぎても、特に意識をして何かを変えたということはありません。
しかしカラダは思ったよりも正直でした。
無意識のうちに食べ物の好みが変わってきているという事実です。

でも、幸いながら健康状態はすこぶる良好です。
だから別に気にすることはない。
年相応というのはきっとこういうことなんだろう。
むしろスモールライフが捗ると捉えれば、都合が良いではないですか。
この調子だと、あと10年もすれば身も心もセミリタイア仕様に持っていけますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です