休日は穏やかに過ごしたい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は街に出てきました。
土曜日ということもあり、街中は人でいっぱいでした。
学生、カップル、家族連れ、いろいろいて賑わっていました。
私が特に気になったのは、自分と同年代の人達の姿です。

みんな家族や恋人と楽しそうに歩いていること。
そりゃあ土曜日の昼なんだから、当然といえば当然です。
なんら特別なことではなく、普通の日常のワンシーンなんですね。

でも忘れてはいけない。
そんな彼等だって、普段は仕事をしているということを。
平日の仕事を含めて、普通の生活です。
そう考えると、人々が楽しく穏やかに休日を過ごしている場面を見るたびに、私としてはいろいろと思う所があるわけです。

仕事のすべてが辛い私にとっては、例え休日であっても嬉々と過ごすことができません。
どうしても辛い仕事のことが頭から離れません。
彼らは仕事が辛くないのだろうか?
いや、辛いけど、休日は気持ちを切り替えているのだろうか?
こうやって、あれこれと考えていると、平穏な生活って本当に難しいと考えてしまいます。
もちろん難しくしているのは仕事です。
私は仕事がある以上、心穏やかな日々は来ないんじゃないかという恐怖を感じています。
少し考えすぎかな?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. xps より:

    同感です。自分の幸せ、自分の人生は仕事から、労働から開放されて初めて手に入るものだと思っています。
    なので開放されるまではとても平穏な気持ちにはなれそうにないです。

    >いや、辛いけど、休日は気持ちを切り替えているのだろうか?

    多分ですが、思考停止か諦めのどちらかだと思っています。
    労働に対して何の疑問も持っていないのかと。

    私の会社でもひたすら人生を捧げ自分の仕事を自分で増やしている社畜が哀れに見える一方で、
    労働から逃れようともがく自分のような苦悩が無いので羨ましく思えることもあります。

    私は少しでも早く社畜から人間に戻りたいので、そのへんに惑わされずに生きていこうと思います。

    今年はサミットに、地震に、大統領選に、パナマ文書と投資するには不確定要素が多すぎて尻込みしますね。
    (´・ω・`)

    • kizakura より:

      xps様

      コメントありがとうございます。
      みんな楽しくイキイキと生活しているのを目の当たりにして、つい書き込んだエントリーでした。
      おかげでまとまりのない文章になってしまいましたが。

      >多分ですが、思考停止か諦めのどちらかだと思っています。
      >労働に対して何の疑問も持っていないのかと。

      少なくとも自分よりは仕事との付き合い方がうまいんだなと、感心しております。

      >私は少しでも早く社畜から人間に戻りたいので、そのへんに惑わされずに生きていこうと思います。

      私も脱社畜が最善の解決策だという考え方は変わりません。

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です