2016年プロ野球順位予想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年も気づけば球春到来!
25日(金)よりプロ野球がセ・パ同時開幕します。
仕事で打ちのめされても慰めてくれる家族がいなければ、愚痴をこぼす友達もいない。
そんな底辺社畜の心のオアシスがプロ野球です。
少し早いですが、今年のプロ野球の順位予想をします。

セ・リーグ

順位 2016年予想 2015年最終
1位 阪神 ヤクルト
2位 巨人 巨人
3位 ヤクルト 阪神
4位 広島 広島
5位 DeNA 中日
6位 中日 DeNA

セ・リーグは3強3弱と見ています。

その中で、1位は阪神。
もともと力のあるチームですが、非常に勝負弱い。
金本監督はそのへんを改善できそうな気がします。
新人の高山に注目しています。

2位は巨人。
騒動に揺れていますが、投手力が充実しています。
半面、打線が心配です。
でも去年より打てれば、上位は堅いと思います。

3位はヤクルト。
打線は昨年からバレンティンという上積みがあり、さらに強力になりそう。
一方で不安なのはバーネットの抜けた穴か。
とにかくこのチームは投手陣の出来次第だと思います。

4位は広島。
去年15勝のマエケンが抜けますからね。
大瀬良、福井、野村あたりが相当頑張らないと苦しい戦いになるでしょう。
課題の打線もあまり変わり映えがしない。

5位はDeNA。
ラミレス新監督には期待しています。
ベイには何かやってくれそうなワクワク感があります。
投手力さえ安定すれば。

6位は中日。
中日は相当苦しそうです。
投打ともに上積み無し。
DeNAと違って活気もないのが気になります。

パ・リーグ

順位 2016年予想 2015年最終
1位 ソフトバンク ソフトバンク
2位 日本ハム 日本ハム
3位 西武 ロッテ
4位 ロッテ 西武
5位 オリックス オリックス
6位 楽天 楽天

パ・リーグはソフトバンクを除くと、日ハム・西武の2強とその他という展開を予想。

1位はソフトバンク。
もうソフバン抜きでやるべってぐらい圧倒的な戦力。
順位よりも何勝できるかが注目。
秋の消化試合では松坂の登板が見られるかも。

2位は日本ハム。
目立った上積みは見られないものの、もともと若手主体だったチームの底上げが楽しみです。
有原が本来の実力を出せれば、投手陣は充実します。
あとは4番中田の出来次第です。

3位は西武。
西武は強いです。
打線はソフトバンクと十分に渡り合えます。
上位進出のカギは菊池雄星か。

4位はロッテ。
戦力的には去年とさほど変わらず。
投手陣は先発、抑えともにしっかりしているのが強み。
成績に波のあるチームだけに、どっちに転ぶかですね。

5位はオリックス。
ロッテと迷いました。
ベテランが多く、故障が心配。
楽しみなチームなんですけどね。

6位は楽天。
投打に軸となる選手がいるものの、枚数が足りない。
この選手層で1年乗り切るのは厳しいと思います。
センス抜群のオコエはじっくり育ててもらいたい。

とにかく熱戦を期待しています

まぁ予想は予想。
つまらんものです。
実際は思わぬ故障者が出たり、新戦力が飛び出してきたりしますので、それによって順位も変動するでしょう。

今年もプレーのひとつひとつにワクワクし、イライラし、ネタに事欠かない日々が訪れます。
選手の皆さまにはケガ無く、熱戦を演出してもらいたいと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. フォルキンソン より:

    阪神は投打ともに他チームより戦力が揃っているので、最低でもAクラスは堅そうですね。
    私は東海地方在住なので、中日ファンなのですが、贔屓目に見てもkizakuraさんのいうとおり相当苦しいと思います。頼れる先発の枚数が足りない、二桁ホームランバッターがいない、守備がザル。なんとか最下位だけは免れてほしいと思ってます。
    いずれにしてもプロ野球ファンには楽しい季節がやってきましたね。

    • kizakura より:

      フォルキンソン様

      コメントありがとうございます。
      セ・リーグは絶対的なチームが無いだけに、今年も混戦になりそうな気がします。
      中日は現有戦力のままでは厳しいでしょうね。
      若手の台頭に期待というところでしょうか。
      そういう所も含めて熱いシーズンを期待しています。

  2. カズ より:

    弱小社会人さん

    我が阪神タイガースを1位に予想していただきありがとうございます。
    私は去年のセ・リーグは監督総ヘボ化していたためほぼ純粋に選手の力のみが順位に反映されたと思います。
    今年は新監督が多いため、采配能力が未知数で予想が非常に難しいと思います。
    阪神は金本監督の能力がどっちに出るかで1位~6位まであると思います。
    何といっても采配能力のキモは投手交代が上手下手でしょう。
    真弓・和田の時もそうでしたが、大体交流戦も始まる頃には新監督の能力はあらわになります。
    金本監督は投手交代は基本的に矢野バッテリーコーチに任すそうなので、あまり心配はしていません。
    これに新人高山と横田、江越、陽川、北條らがうまくベテランとコラボしながら世代交代できれば元々投手力は高いチームですので、優勝も夢ではないかもしれません。
    これが裏目に出ると最下位もあるかなと思います。
    巨人が最も怖いかなと思ってましたが、野球賭博問題が相当チームに悪い影響を与えているようで選手に覇気が感じられませんね。
    5月末に東京ドームの巨人戦で新生金本阪神の戦いぶりを観てきます!

    • kizakura より:

      カズ様

      コメントありがとうございます。
      私は昨年の阪神3位を的中させています。
      (セの他球団は全部外しましたが笑)
      阪神はもともと力がありますが、監督交代に有望な若手の台頭と、ここに可能性を感じて1位に推しました。

      巨人は内部の雰囲気のみならず、プロ野球ファンからの厳しい視線も影響しそうですね。
      高木のような貴重な左腕が抜けるのも相当痛手です。

      ただし、いわゆるビッグクラブが無くなったセ・リーグは混戦必至でしょう。
      去年のようなグダグダな展開になれば、それこそどのチームにもチャンスがあると思います。

  3. 名無しさん@巨専 より:

    開幕前からバタバタしていて、本当にこれで大丈夫かと不安なプロ野球ですが、開幕はワクワクするものですね。
    しかし、ちな巨としては今年は本当にワクワクしません。それどころか不安しかないですね。

    僕個人としては、巨人は最下位と予想します。賭博による戦力減少、先発の柱・マイコラスの怪我、内海・山口の終焉、阿部・岡本の2軍スタート、若手の伸び悩み、ベテランの衰退化、未経験の新監督……。何ひとつ好材料がありません。あ、ありました。ナベツネの勇退でしょうか。

    これでAクラスどころか、5位すら厳しい状況です。2位なんて、とてもとても(笑)。

  4. kizakura より:

    名無しさん@巨専様

    コメントありがとうございます。
    まぁ贔屓球団として見ていると、どうしてもマイナス点が目につきますからね。
    ただ、マイコラス以外の名前が挙がった選手は昨年もパッとしなかったですし、それでもDeNAや中日よりは上かなと。
    書いちゃってナンですが、確かに2位は持ちあげすぎたかな~と思ってます(笑)

    とにかく新シーズンが楽しみですね。

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です