Pontaとリクルートポイントが統合

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は昨年よりメインのクレカとして、リクルートカードプラスを使用しています。

リクルートカードプラスが届いた
以前の記事で、クレジットカードを見直す旨を書きました。 いろいろ検討した結果、リクルートカードプラスを使用することになりました...

リクルートカードプラスの魅力は2%の高還元率ですが、Pontaとの互換性により、幅広い使用場面があることも採用の大きな理由の一つです。

当初はリクルートポイントとPontaポイントをWeb上で等価交換する形で行っていましたが、11月に両ポイントサービスが統合され、事実上Pontaにほぼ一本化されることになりました。
しかし、統合した日からシステムトラブルが起こり、統合どころか相互に交換することすらできなくなりました。
サイトの構成は変わるし、復旧の見通しについても全く説明が無いまま時間だけが経過しました。
正直、私は使用場面がリクルートに限定されると使用場面が狭くなり、実用性を欠いてしまいます。

てめえら、マジいい加減にしろ!(# ゚Д゚)

そんな怒りに満ちたブログ記事を投稿しようと思いつつ、なかなか書けないでいたら、今週から復旧していたようです。(昨日知った)

サービスを提供する側にはもう少し説明責任を果たしてもらいたかったですけどね。
さすがに問題を起こして2カ月以上説明が無いというのは、現金に近いサービスを運営する企業としてどうよ。

何はともあれ、これで今まで貯めたリクルートポイントをPontaに交換できるようになりました。
PontaポイントはJALマイルにも変換できるので、旅行の時にでも活用しようと思います。
まぁリクルートポイントだって、じゃらんやホットペッパーなんかは公私両面で使いますけどね。

ポイントも各社で競争が熾烈になっていますが、競い合ってサービスが拡大してくれれば良いですね。
私は当面はPonta陣営に乗っかろうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です