職場ではみ出すことを恐れない

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨夜は職場の飲み会でした。

コミュ障全開モード

昨日は内輪で大人数で砕けた飲み会だったんですが、この手の飲み会は最も苦手な部類です。
これが仕事関係の集まりであれば、まだ「仕事」という共通テーマがあるので、何とか乗り切れます。
しかし、特にテーマも無く大人数となると、どうしても話題の合わない人と一緒になります。
私のようなコミュ障の場合、性格が合うのが場に2人ぐらいしかいないので、どうにもなりません。
これが全然知らない人ばかりなら、テキトーにやり過ごせばいいんですが、職場内の飲み会なので、逃げ道も無い。

結果的に、コミュ障全開モードに突入。
居心地が悪すぎる・・・。

ついに気持ちが切れたか?

もう私の中ではいつ気持ちが切れてもおかしくない状況。
それでも職場の和を乱してはいけないという使命感から、テキトーに相槌を打ちつつ、グラスを傾けていました。

これぞ、大人の対応!

しかし、二次会にて事態は急変。
後輩が私にイジリを入れる。

「KIZAKURAさん、全然活躍しねえ(笑)マジ、使えねえッス!」

切れました。
ハイ、私切れちゃいました。
大事なことなので2回言いました。

その後輩を睨みつけ、一触即発モードを演出。
その後は一言も発さずに2時間やり過ごしました。

はみ出すことは悪いことではない

一部の同期には知られていた私のコミュ障ぶり。
これでかなり広範囲に浸透したと思われます。
今後はますます誘われなくなるでしょう。

でも、こうした意思表示は大事。(やり方は幼稚でしたが・・・)
これでムダな飲み会を削減できるし、ゴルフとかも行かなくていい。
イイコトばかりじゃん!

はみ出すことを恐れるな。
むしろ、職場は仲良しクラブじゃない!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です