日本で働くこと、それは社畜になるということ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日のNHKのニュースで、日本の難民申請の話がありました。
ご存知の通り、日本の難民受け入れの審査は非常に厳格です。
ニュースでは、認可を待つ難民申請者の就労支援について特集されていました。

難民にしろ、経済移民にしろ、島国で文化的にも独特な日本を目指すということは、やはり豊かな経済環境を求めているのが第一の理由でしょう。
日本も業種によっては人手不足なので、単純労働に従事してくれる低賃金労働者はありがたい存在です。
そこで、難民申請者を雇ってみたものの、

  • 会社に不満を言う
  • 無断欠勤を繰り返す
  • 注意しても直らない

などなど、扱いにくい部分が多く、解雇せざるを得なかった様子です。

で、彼等の就労を支援するNPO法人では、種々のビジネスマナーを教えるところから始めて、労働者として定着を図る取り組みを行っているとのことでした。
特集ではほんの一部しか取り上げられていませんでしたが、概ね新人の研修に近いものです。
ん、新人研修?
そうだ、どっかで見たと思ったら、あの社畜養成研修だ。

そう、日本で働くということは、即ち社畜になるということ。

それは外国人であっても難民であっても例外ではない。

  • 長時間労働
  • 個人よりも組織が優先される風土
  • 上司の顔色を窺う
  • 取引先にはひたすらペコペコ頭を下げる
  • 空気を読む
  • ムダなお付き合い
  • サビ残
  • ホウレンソウ

挙げればキリが無い社畜のetc.

確かに日本は平和で豊かな国です。
外国人がそんな日本に憧れを抱いたって不思議じゃないし、この点は我々も誇るべき所だと思います。

ただ、生きていくためには働かなければなりません。
そうなったとき、外国人には日本の社畜文化が壁として立ちはだかることでしょう。
日本人は幼少の頃より高度な社畜教育を受けているので大丈夫ですが、果たして難民や移民の方にこの理不尽で不可解な文化を受け入れることができるでしょうか?

私はこのブログで難民受け入れの是非を語る気はありません。
ただ、日本の就労環境を考えた時、そこに大きなミスマッチがあるとしたら、慎重に事を進めないと、双方にとって不幸な結果になりそうな気はします。

Karoshiに続いてShatikuが国際語になる日も近い!?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. あるみん より:

    内容と関係ないですが、
    自分よりダメリなやつっています?

  2. kizakura84 より:

    あるみん様

    コメントありがとうございます。

    しょうもない人がいることは確かです。
    自分も大概ですが。

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です