勤労感謝の日です

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は勤労感謝の日。
生まれて初めて「勤労感謝の日」の意味を調べてみました。

勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日

(Wikipediaより)

私、今朝まで勤労感謝の日とは、

労働者に感謝し、その労をねぎらう日

だと思ってました。

本来の意味を分かりやすく解釈すると・・・

無事に働いていることに感謝する日

つまり、

働かせていただいていることに感謝

もっと言うと、

社畜をさせていただきまして、ありがとうございます。

ってことか。
うわぁあああぁああ、いやだあぁぁあぁあ!

さらに曲解すると、

これからも社畜業に一層奉仕させていただきまする。

ってか。
なんか吐き気が・・・。

もともとは収穫祭

元は「新嘗祭」という収穫を祝う神事の日が由来なんだとか。
「生産を祝う」というのは農作物の生産ということです。
ただ、近現代においては、工業製品やサービスなんかも立派な生産物なので、勤労感謝という形にまとめられたということらしい。

たしかに我らの胃袋を満たす農作物の生産は尊いものです。
それなのに我ら社畜の生産物ときたら、

  • 怒られ
  • 蔑まれ
  • バカにされ

それにひたすら耐えて生み出されるものばかり。
こんなものを一体どうやって尊ぶことができようか。

当初は、今日ばかりは「人のコラ、社畜に感謝せよ(社畜讃頌)」とふんぞり返って過ごそうと思いましたが、ホントの意味を知って何だか暗い気分になった次第です。

まぁ私にとって祝日の意味なんてどーでもいいんですけどね。
会社休めりゃ何でもええよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です