UAマイレージプラスの特典で日本を旅する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は航空会社のマイレージを貯めていて、旅行の際に利用しています。
そこら辺の話は、以前書いた記事の通りです。

マイレージを整理する
私は航空会社のマイレージを貯めています。 マイレージの貯め方を見ると、概ね個人由来が8割、仕事由来が2割といったところなので、ほぼ趣味的な...

今回は私が貯めている(いた)UAマイレージプラスについての話。

マイレージプラスとは

米大手のユナイテッド航空(UA)が運営するマイレージプログラム。
JALと並ぶ私の主力プログラムです。
アメリカの航空会社ですが、ANAと提携していて、ANAの国内線の特典航空券と交換できます。

マイレージプラスの凄いところ

私が魅力に感じている点は以下の通りです。

① 有効期限が無い

JALやANAのマイレージは約3年の期限があるのに対し、UAは18ヶ月の期限が設けられています。
しかし、UAはその間にマイレージの消化か加算があれば、また18ヶ月の延長があるので、例えば提携クレジットカードなどで日常的にマイルを加算すれば、実質無期限になります。
これなら期限を気にせずゆっくり貯めることができます。

② 提携航空会社が多い

スターアライアンスに加盟しており、提携航空会社を合わせると、ほぼ世界中を網羅しています。
ANAもそのひとつ。

③ 格安航空券の利用でも100%マイレージを加算してくれることが多い

JALやANAだと、格安航空券で登場すると、区間マイルの70%ぐらいしか加算されません。
しかしマイレージプラスなら100%貰えることが多いです。
(でも以前タイ国際航空に乗った時は0%の加算でショックだった)

④ 提携クレジットカードの加算率が大きい

提携しているセゾンカードは、1,500円(年会費)+5,000円(オプション)=6,500円で、還元率1.5%(1,000円につき15マイル)という業界随一のパフォーマンスで知られます。
JALカードは、オプションをつけても還元率1%が最大です。

国内線におけるマイレージプラス利用のメリット

先述の通り、マイレージプラスではANAの国内線を特典航空券で利用できます。
しかも国内の中距離路線ならば片道5,000マイルで交換できます。(往復ならその倍)
本家のANAが同区間7,500マイルかかるので、大変コスパが優れていると言えます。

そして、マイレージプラスが更なる優位性を発揮するのは、乗継便も通しで発券できること。
これ、JALやANAなら各区間が合算になってしまいます。
具体的にいうと、こういうことです。

(例)福岡→秋田の特典航空券を取得する場合

現状、福岡空港から秋田空港へは直行便はありません。
よって、福岡→羽田、羽田→秋田と乗り継ぐことになります。
この場合、以下のように航空券を取ることになります。

<UA>

福岡→羽田→秋田  5,000マイル

<ANA>

①福岡→羽田    7,500マイル

②羽田→秋田    6,000マイル

①+②=13,500マイル

このように、ANAならば乗継区間は合算になるので、通算できるUAの利点が際立ちます。
このことは、直行便が豊富な東京や大阪の人にはあまり関係ありませんが、地方在住者にとっては大きなメリットになります。

※この認識、間違ってたらごめんなさい

マイレージプラスのデメリット

もちろん良いことばかりではなく、デメリットもあります。
私なりに挙げるとすれば、制度の改善・改悪の幅が大きいことです。

私は以前、セゾンカードにマイルアップオプションを追加して、マイレージプラスをガンガン貯めてました。
ところが2012年頃、プログラムが大幅に改悪されました。
日本国内線の特典交換マイルが、それまでの往復15,000マイルから20,000マイルに突然引き上げられました。
これは、JALやANAなら海外に行けるマイル数です。
この時は国内線だけでなく、近距離国際線を中心に大幅に改悪されました。
これを機に、貯める対象をJALに変更し、今に至ってます。

しかし、最近になってUAは国内線の必要マイルを変更し、往復20,000マイルが12,000マイルになり、さらに10,000マイルと大幅に改善されました。
どうもアメリカ系キャリアのマイレージプログラムは原油価格や国際景気に影響されやすいようです。
それに対して、日系キャリアのプログラムは安定しています。

今後のマイル活用法

先の理由から、今後もマイレージはJAL中心に貯めるつもりです。
しかし、現在UAマイレージプラスが2万マイルほど残っているので、必要マイル数が改悪されないうちに積極的に使って行こうと思います。
今年は既に北陸旅行で活用しています。
ちょうど国内旅行の楽しさに目覚めたので、来年もUAの特典航空券を活用して国内を飛び回ろうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。