後輩指導は難しい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新人の頃、会社の偉い人からの訓示でよくあるフレーズ。

若い頃は失敗を恐れずにどんどんチャレンジしなさい!

チャレンジした結果

今ややる気のないサラリーマンの私ですが、新人の頃はほんのちょっとやる気がありました。
自分なりに良かれと思っていろいろやってみました。
結果は惨敗。
やることなすこと裏目に出て、取引先からの信用を失う結果となりました。

信用って一度失うと回復が難しいんですね。
私が内外から仕事できない奴っていうレッテルを貼られるのにそこまで時間を要しませんでした。

かくして私はチャレンジ精神を失いました。

間違った挑戦をしても跳ね返されるだけ

今思えば、上司への相談が圧倒的に不足していたと思います。
ただ、当時の職場は手取り足取り指導するというよりは、先輩の背中を見て覚えろという雰囲気だったし、私のコミュ障も相まって、なかなか相談できませんでした。

そもそも仕事に対する知識も経験も無さ過ぎて、どうやって相談したらいいかわからない。
取引先に言われた内容の善悪もわかりませんでした。

そんなふわふわした状態で相談したら、

「なんでそんな話受けたんだ?」だの、

「まずは自分の意見を述べよ」だの、

まぁ入口からこんなんですからね。
それがわからんから相談しているのに。

結局、方向性もよくわからんまま仕事をしては失敗の繰り返し。
そりゃもう嫌いだった仕事がますます嫌いになりました。

今は当時よりは気楽ですが

中堅となった今では、さすがに知識と経験が身に付いたこともあり、幾分マシな状態にはなりました。
すでに仕事できない人というイメージは定着し、出世コースからも外れているので、心持ちは気楽です。

さて、こんなやる気のない私に指導される後輩というのもかわいそうですね。
でも大丈夫。
みんな自分より優秀なので、何も言わなくても自分でさっさとこなしていきます。

要は、若い頃の自分がただのバカだったんだ。

でもピカピカの新人が自分の下に来たら、思いっきり先輩風を吹かせて厳しく指導することを企む私であった。

さ、今日は有休!
嫌なことは忘れて楽しむべし。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です