一億総活躍社会?上等じゃないか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安倍首相がアベノミクス第2弾(!?)として掲げる「一億総活躍社会」。

なんか一億総労働みたいでアレなんですが。

ただ、この政策、掛け声は威勢がいいけど、中身はイマイチ具体性に欠けます。
まるで新入社員の事業提案みたい。

そもそも一億人て

セミリタイア業界では、一億総活躍なんてふざけんな!って感じです。
そりゃそうです。
我々は奴隷じゃない。

ハッキリ言っちゃいますが、一億人が総活躍したところで、GDPが600兆円なんて途方もない目標を達成できる訳がありません。
なぜなら、本当に有能な人は日本に一億人もいないからです。

有能なのはせいぜい2千万人で、残りは奴隷が5千万人、無能が1千万人、クズが1千万人ってとこでしょう。
奴隷はこれ以上伸びしろは無いし、無能やクズ野郎は足を引っ張るだけです。

つまり、一億総活躍社会なんぞより、一部の有能な人にいかにして馬車馬の如く働いてもらうかを考えることこそ今の日本に必要な政策ではなかろうか?

でも私は活躍する!

私は先のカテゴリーでいうと、無能ないしクズ野郎に分類されます。
本来であれば、生きててゴメンなさいってレベルです。
でも安倍総理はこんな俺でも輝かせようっていう素晴らしいお方です。

やってやろうじゃないですか!

この穏やかで純粋なニートの心を持った私が、ある日限界を超えて、スーパーサイヤニートとして降臨する姿が目に浮かびます。
日本は素晴らしいニート天国になる。
その時になって、政策の過ちに気付いても手遅れなのだ。

それでも私を働かせますか?

ベジータ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. bell より:

    初めてコメントさせていただきます。
    長文となってしまい、恐縮ですが、一読していただけると幸いです。

    私は社会人五年目で、kizakura84さんと同じようにセミリタイアを目標として毎月の給与を投資にあてています。

    安倍首相の「一億総活躍社会」というのはあくまでもスローガンで、別に全員が労働をしなければならないというわけではないと思っています。国民一人ひとりがやりたいことができる社会になったら良いね、そうなると国家としても助かるね、くらいなものだと思っています。
    実際、kizakura84さんが行っている投資だって十分社会に貢献しています(特に日本は資本主義社会ですから、投資は重要です)。
    社会が豊かになればセミリタイアだってやりやすくなるかもしれません(インフレは敵である面もありますが、名目金利が上がるので投資のリターンも大きくなるという面もあります)。

    また、GDP600兆円も経済成長率を3〜4%で続けていけば2018〜19年までに達成できると言う論者もいます(高橋洋一さんという方です)。

    私は安倍首相の政策を全て支持するわけではないですが、一国の首相が大きな夢を語るのは悪いことではないと思っています。問題は今後、具体的な政策が行われるか、という点です。

    kizakura84さんの夢が叶って充実したセミリタイア生活をおくれることをネットを通して応援しています!

  2. kizakura84 より:

    bell様

    はじめまして。
    コメントありがとうございます。

    仰る通りで、いろいろな「活躍」のカタチがあるんだと思います。
    日本の成長に貢献という高尚な思想は持ち合わせていませんが、やはり国が豊かでなければセミリタイアもできません。

    そういう意味で、政府にはスローガン倒れせず、意欲的な成長戦略に取り組んで欲しいと思います。
    (私がついていけるかは別として)

    少なくとも今は、自分ができることをできる範囲でやるだけですね。

  3. O.A より:

    自分は活躍したくないなぁ。
    活躍=労働 みたいな流れになりそうでw

    働きたくないっす(笑)

  4. kizakura84 より:

    O.A様

    積極的労働主義には走りたくないですね。

    政策がどうであれ、労働市場(会社)においてはその中身が曲解されて、さらなる過重労働に繋がりそうな気もしますが(´Д`)

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です