日経平均2万円超えは、私を揺さぶった

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シルバーウィーク4日目。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

あと1日で連休終了のお知らせ。
くやしいのう。くやしいのう。

さて、今日は珍しく私の投資について簡単に検証します。
こちらも含み損でくやしいのう。

これまでの投資を振り返る

私が投資を始めたのは2014年の春ごろ。
セゾン投信の定期積立からスタートしました。
当初は年間200万円を目安に毎月一定額を積み立てていました。

ただ、年間収支の面で余裕があったことと、もう少しリスクを重視したアセットアロケーションを構築しようと思い立ちました。
で、SBI証券の口座を開設し、新興国株やREITのインデックスファンドを増やしたうえで、年間の積立金額を250万円に増額しました。

そして今年の春、当ブログ開設にあたり、資産運用方針を策定。
そもそもこんな方針でいいのかということはさておき、ルールを作ったことに意味があります。

資産運用方針
早期リタイアに必要なもの。 それは一にも二にもお金です。 早期リタイアとは、まさに時間をお金で買うようなもの。 時間は安売りしてません...

相場の高騰は自身の方針を見失わせた

今年に入ってからも、自動積立で淡々と積み立てていました。

ところが、日本のみならず世界的な株高で、リスク資産の評価額はぐんぐん上昇。
そこで、自分の中で機会損失の考え方が頭をよぎりました。

  • 方針と目標アセットアロケーションを守る
  • リスク資産は年間250万円分を毎月定額で積み立てる
  • 運用方針を見直す時は慎重に検討する

これが一応、自分のルールなんですが、ここでは生活防衛資金とリスク資産の比率は特に明記していません。
私の場合、投資を始めるときにはすでに1000万円超の資金があったので、これを一気に全力で投資するか、時間を分散させて投資するか、当初から悩みの種でした。

また、年間250万円をリスク資産に投じるというのも、根拠はありました。
私の年間収支は概ね200万円~250万円だったので、これだけ投資しても手元には1000万円前後は常に残る計算です。

しかし、そこに日経平均2万円超えに代表される株価高騰が来て、この生活防衛資金という名目で遊んでいる1000万円の処遇問題に発展します。

  • これから日経平均が3万円を本気で目指したら、思いっきり機会損失になる
  • このご時世、現金(普通預金)で1000万円も持ってるなんてバカなんじゃね?
  • そもそもこんな湿っぽいリスクの取り方、ブログの画的にどうよ?

とまぁ、アホらしいことをどんどん考えていくわけです。

そして追加投資(=高値掴み)

積立投資(2015年6月)
今月も積立投資を行いました。 通常積立 6月はボーナス月なので、いつもより多めに設定しています。 セゾン・バンガード・GBF  ...

やっちまいました。
6月に150万円を一気に追加投入。

設定したルールは、どこぞの政党のように解釈によってあっさり曲げられたのでした。
唯一守ったのはアセットアロケーションぐらいのもの。

また、素人が高値圏で買いに走ると得てして相場が崩れるものですが、(以下省略)

これは当時の記事を引用したものですが、実際にその直後にギリシャショックとチャイナショックが相次いで発生したのは何とも皮肉です。

教訓と今後

結果的に思いっきり高値掴みをして、今や含み損生活なわけですが、投じたのがまだ150万円程度だったので、まだ軽い火傷で済んでます。

ただ、問題はこのときにいくら追加投資をしたとかじゃなくて、相場の高騰に煽られて自分の気持ちが揺らいだということです。
あの時の私は、間違いなくムードに飲まれていました。

私の早期リタイア計画は、そもそも全力投資を以って達成しようという性質のものではありません。
そういう意味で、今回の高騰に伴う一連の動揺は今後の教訓にしていこうと考えています。

あ、それとこのブログは投資ブログではないので、画的な心配をする必要なんかまったく無いわけで(‘A`)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です