住信SBIネット銀行のランク制度導入とその対応

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もう今更な話ですが、住信SBIネット銀行が新たにランク制度の導入を発表しました。

「スマートプログラム(仮称)」の開始について

何が「スマート」やねん!ってツッコミを入れてしまいそうな制度ですが、主に以下のような変更があります。

住信SBI変更

もともと口座を開設しているだけで提携ATMで365日24時間引き出し手数料が無料だったり、他行への振込手数料が月3回まで無料という素晴らしいサービスがあったんですが、これからは利用に応じてサービスレベルを変えていくということらしいです。

利用レベルの高い人ほど優遇されるというのは、方向性としては間違ってないですし、新規顧客ばかり優遇する大手携帯キャリアよりはよほど誠実なやり方だと思います。

ランク制度について

住信SBIランク

このように4段階に分けられて、手数料無料の回数も決められてます。

住信SBIランク2

これがランクの決め方です。
私のように30代で、かつSBIカードを持ってなくて普通預金ぐらいしかしていないライトユーザーは、基本的に預金残高によってランクが決まることになります。

今後の対応

私の場合、ランク2に該当することになりそうです。
これなら引き出しは月5回、振込は月3回まで無料なので、今とあまり変わりません。
現在の使用実態を考えると、仮にランク1でも問題はなさそうですが。

よって、今回の変更で他のネットバンクの口座開設を検討したり、SBIカードを作ったりということはしません。
私の中で現行の住信SBIネット銀行の位置づけは維持する方針です。

ただ、私が住信SBIの口座開設をしたときは、口座を持ってるだけで現行のサービスを受けられたし、ハイブリッド預金は0.1%超というウソみたいな金利でした。
今回新たな制度が導入されたり、ハイブリッド預金の金利はいつの間にか0.07%に引き下げられてたり、じわじわ改悪されて普通のネット銀行になりつつあるのは気になります。

クレジットカードやポイントカードにも言えることですが、この手のサービスは持ち上げられると改悪になりますね。
なかなか持続可能なうまい話は無いもんだな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です