会社とは一定の距離を置く

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今週も終了。
土曜日も完全オフ。

来週を乗り切れば連休。
いい流れですね。

さて、早期リタイアを阻害する要因について、先日記事にしてまとめました。

早期リタイアを先延ばしする理由
私は40歳での早期リタイアを目指して準備をしています。 しかしながら、人生は思い通りに行かないもの。 止むを得ず引退を先延ばしにする...

この記事では触れなかったんですが、早期リタイアを踏みとどまる要因として、会社との深い関係というのも考えられます。
私の場合はあり得ないと思うんですけどね。

具体的にいうとこんな感じです。

  • 会社から必要な戦力として強く慰留される
  • 上司や同僚との関係に遠慮して思いとどまる

やはり会社から強い慰留があると辞めにくいですよね。
また、尊敬する先輩・上司や苦楽を共にした仲間なんかがいたら、「この人と一緒にいるときは辞められない」って思ったりもするでしょう。

その点、私は大丈夫です。

仕事ができないお荷物社員だから、慰留なんてされても形式的な範疇でしょう。

尊敬する先輩はいないし、特別仲のいい同僚もいません。
少なくとも自分の引退を先延ばしにするほど心酔できる人はいないと断言できます。

会社とは一定の距離を置く

これは結構大事だと思います。
早期リタイアには決断力が必要です。
会社やその中の人間関係に感情移入しすぎると、決断力が鈍ります。

もっとも、私の場合は会社に反発的な態度を取り続けた結果、いつの間にか孤立していたという悲しい事実があります。
どうせ辞める会社だから、この殺伐とした感じは一向に構わないですけど。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です