早期リタイアを目指すようになって、マネジメントの重要性に気付いた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【management】経営、管理。

目標、目的を達成するために必要な要素を分析し、成功するために手を打つこと。

はてなキーワードより

戦略もクソも無かった前半生

マネジメントという概念については、過去から何となく知ってはいました。
しかし、その重要性については理解できませんでした。

修行すれば強くなる。
はぐれメタルを倒し続ければレベルアップする。
すなわち時間をかけてゴリゴリ勉強(仕事)をすれば、いつか問題は解決する。

これが私流のマネジメントだったのかもしれません。

よくこの手のハウツー本で、PDCAサイクル等の手法が紹介されていて、実際に研修などで習ったことはありますが、なかなか実践に移すことができませんでした。

とにかく仕事が発生したら、無計画に闇雲に突破する。
私の脳筋プレーヤーたる所以です。

仕事だけではなく、資産形成もただひたすら貯金するだけ。
当初は本当にこれだけでした。

早期リタイアの概念が意識を変える

私は就職した当初から、とにかく働きたくないと思っていました。
そのために、闇雲に貯金をしてきました。
結局、私っていつも手段が先行していて、目標や目的は後付でした。

憧れの早期リタイアだって、よくわからんけど1億円ぐらい必要なんでしょ?
今の貯金のペースじゃ一生ムリじゃん?

てな具合で、悶々とした日々を過ごしていました。

しかし、セミリタイアブログに出会うことで、意識が変わりました。

それは早期リタイアに必要な金額が1億円も要らないとか、いくらならリタイアできるとか、そういうことじゃないんです。

目から鱗だったのは、みんな具体的な目標があって、それに向けたプランがあるということ。

私はこの点に感銘を受けました。

そこで私も早期リタイア計画を書き出してみました。
それが以下の記事です。

早期リタイアの基本計画
早期リタイアには周到な準備が必要です。 無計画にリタイアして、経済的に困窮して、他人様に迷惑をかけることは避けたいものです。 当面の目標...

裏付けに基づく具体的な数値目標と、目標達成に向けたプランニング。
プランも手段を含めてできるだけ具体的に策定し、進捗状況をチェックして都度見直す。

これこそマネジメントのあるべき姿じゃないでしょうか。

早期リタイアで培った考え方を仕事に活用

こうした考え方を仕事でも活用するようになりました。

案件に対して、具体的な目標やゴールを設定し、その最短距離をプランニングして、実際に取り組む。

当たり前の仕事術ですが、皮肉にも私は早期リタイアから仕事に「逆輸入」したわけです。

おかげで仕事の方も少しは能率が上がったような気がします。
(元が酷過ぎるのでアレですが・・・)

こうやって考えると、早期リタイアを志して本当に良かった。

少しは人生変わったと思います。

この調子で、ゼッタイ仕事辞めたるぞ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です