仕事なんて仕事好きの人間だけでやればいい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東芝の不適切会計問題。
その中で、不当に利益を水増しさせる「チャレンジ」の強要という社内体質も明らかになってきました。

東芝の「チャレンジ」は論外だとしても、企業としてグローバル社会で生き残り、発展していくためには、挑戦という概念は不可欠です。

そんな訳で、私も会社からは挑戦する気持ちは常に求められています。
ほとんど黙殺していますけどね。

チャレンジ精神なんて微塵もない

以前にも書いていますが、私の仕事に対する姿勢は以下の通りです。

  • 前例主義
  • 言われたことだけやる
  • 徹底した自己弁護

ほんとダメダメですね。
でも能力もやる気も無い中で、会社員を続けるためには、この姿勢の徹底は必須条件です。

私としては、会社から給料を貰うことが第一で、会社の利益や発展など二の次です。

自分の時間や身を削ってまでチャレンジしている暇なんて一切ない。

もはや会社の利益に貢献するどころか、足を引っ張っていると言っても過言ではありません。

それでも会社は潰れず発展する

なぜか?

それは一部の優秀な人や、ヤル気のある人達が頑張るからです。

どの会社にも頭の切れる人はいます。
情熱を持って熱心に仕事に取り組む人もいます。

こういう人たちが、私のようなダメ社員がもたらすマイナスをもろともせずに、会社を力強く牽引しています。

仕事は仕事が好きな人たちだけでやればいい

日本の会社って、できる社員もダメ社員も大して給料が変わりません。
そうなると、よく成果主義の導入の話になりますが、成果主義という言葉の響きがよくないです。

要は、仕事なんて仕事好きの人間だけでやればいいのです。

そうやって一部の人間が生産性を上げて、利益を押し上げて、いっぱい稼いで、たっぷり納税してくれればいいんです。

本来、「チャレンジ」とは一部の意識高い系の人間にだけ許された崇高な理念なのだ。

私のような低レベルな人間にそれを押し付けてはいけないよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です