北陸旅行記 その3~金沢・北陸新幹線~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が当ブログ100個目の記事となります。

昨日に続き、北陸旅行の続編を書きます。

3日目は午前中に金沢市内を観光し、午後は北陸新幹線で東京に移動します。
天気は3日連続で快晴。気温35℃。(暑い)

金沢は2年ぶり3度目の訪問。
個人的には大好きな街の一つです。

ひがし茶屋街

P1040488 P1040487

P1040494 P1040499

加賀百万石の城下町金沢は、戦災を免れており、歴史的な景観が守られています。
ひがし茶屋街も景観保存地区のひとつ。
この街並みは一見の価値ありです。

主計町・浅野川

P1040525 P1040531

P1040535 P1040545

浅野川沿いにある茶屋街。
ひがし茶屋街の対岸にあります。
京都の鴨川みたいな雰囲気です。

兼六園

P1040569 P1040595

P1040577 P1040624

言わずと知れた日本三名園の一つ、兼六園。
金沢に来たらまず観光するところではないでしょうか。
水と植木の調和が取れた素晴らしい庭園です。

犀川・にし茶屋街

P1040654 P1040655

P1040671 P1040664

浅野川が女川と言うのに対し、犀川は男川と呼ばれるそうです。
その犀川沿いにも茶屋街が残っています。
にし茶屋街と呼ばれるこのエリアは、金沢の観光基軸からやや外れたところにあり、ひがしほどの賑わいは無かったです。

長町武家屋敷

P1040701 P1040703

P1040718 P1040728

加賀藩士の屋敷があった地区です。
石畳と土壁が良い雰囲気を出しています。

香林坊~武蔵が辻・近江町市場

P1040679 P1040460

P1040457 P1040760

P1040741 P1040746

香林坊~武蔵が辻にかけては北陸一の繁華街。
宿泊した片町周辺は夜のお店も充実していました。
数年前に出張で来たときはこの界隈のキャ○クラにも行ったものです。

近江町市場はアーケードがあり、市場というより商店街みたいな感じです。
食事ができる場所も充実しています。

金沢はかなり都会です。
北陸では富山より栄えていましたし、日本海側としても新潟と同等クラスの都市ではないかと思いました。

金沢駅・北陸新幹線

P1040465 P1040781

P1040808 P1040817

金沢駅は鼓門とガラス張りのドームに覆われた、日本では特異的なデザインの駅です。
駅舎の中も加賀・能登の伝統を色濃く残した独特の雰囲気です。
今や金沢のシンボルで、海外でも高く評価されているようです。

そして新幹線。
もともと旅のきっかけはこれです。
北陸新幹線はカッコいいし、乗り心地も快適で素晴らしかったです。
全席コンセント付きなので、スマホの充電もできます。

来年は函館まで新幹線が延伸します。
楽しみですね。

その他

金沢観光はバスが便利

P1040557 バス

金沢の市街地は鉄道がありません。
しかし、バスがひっきりなしに走っていて、しかもわかりやすい。
写真の周遊バスに乗れば、主要な観光地はすべて回れます。
また、500円で一日乗車券を購入できます。
私も一日乗車券でバスに乗りまくりました。(暑かったですし)

食事

DS171

海鮮丼 1,850円

近江町市場の店で、海鮮丼を食べました。
普通に美味しかったです。
金箔が乗っていたのが金沢らしい。

金沢観光を終えての所感

金沢に来るのは3度目ですが、大変魅力的な街だと思います。
加賀百万石の繁栄を今に残す町並みは、欧州ならとっくに世界遺産に登録されていることでしょう。
もっと評価されてもいいと思うのだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
follow us in feedly

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. O.A より:

    おお、すごい。
    電柱が全くない・・・

    これはきれいです。

  2. kizakura84 より:

    O.A様

    コメントありがとうございます。

    そう言われてみたら、電柱がありませんね。
    市街地は地中化がすすんでいるようです。
    行政の、観光地としての意気込みが感じられます。

コメントをどうぞ(承認が遅れることがあります)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です